ぷにぷにパイレーツ

公演案内

第3回公演「わしらはみんなぷにぷにじゃけん」

ぷにじゃけん.jpg●日時:2008年7月21日(海の日)14時・17時

●会場:

横川・山小屋シアター

●CAST&STAFF
 作・演出・出演:石崎一気
 シタール演奏:Takasitar
 制作:広島公演実施本部
 照明:池田毅(IP企画)

 

 

 

 

■上演作品の紹介

「さらば!市民球場」

ぷにぷにパイレーツ初の広島公演ですので、広島を舞台にした作品を考えました。
2008年いっぱいで、カープ・ファンの聖地"広島市民球場"とお別れすることになってしまいました。そこで、広島市民の思いが詰まった"広島市民球場"への惜別の念を込めて、ごく短いコントを書いてみました。この作品のような風景が、市民球場で見られなくなると思うと、残念でならなかったのです。

カープHP.jpg

この劇の主人公の姿は、あなたの父であり、隣人であり、友人であり、そしてあなた自身です。とても滑稽なんですが、何とも愛しく、切なく、悲しいのです。僕はこれこそ"人間喜劇"だと思います。
勿論コントですから、多くの人が笑っていました。しかし、同じぐらいの人数が号泣されていました。しかし、この涙の理由を言葉で説明するのは難しいでしょう。恐らく、広島の人でなければ共感できないように思います。

全編、広島弁で上演しました。

さらば椅子HP.jpg

 

 

「Takasitarライブ」

シタール広島.jpg

 

 

「ブログの天使」 (第2回公演の項を参照して下さい)

ブログHP1.jpg


「ひまわり」 (第2回公演の項を参照して下さい)

ひまわりHP2.jpg

ひまわりHP1.jpg