ぷにぷにパイレーツ

ブログ

パンジー狩り


うちの近所の農園で、パンジー狩りをしてきました。
畑に入って、気に入った苗を自分で地堀りするスタイルです。
入園は無料で、1株100円です。
およそ50種類のパンジーがあります。
見ているとどれも欲しくなってしまい、結局、22株も買ってしまいました。
早速、うちの庭に植えてみましたが、色とりどりでとても華やかです。
これから寒い冬を迎えますが、けなげに咲き誇るパンジーを見ると心が暖かくなりますね。

 

パンジー②.JPG

 

照明


22日の「マイミクロスコープ」では、プロの照明家の先生が灯りを作って下さいました。
こちらから基本的な照明プランを提示しましたが、それを踏まえた上で、より創造的な灯りになっていたようです。
お客様から、照明に関する感想が良く聞かれました。
単に演者を美しく見せるだけでなく、象徴的なモノを舞台上に浮かび上がらせていました。
特に「うしろをみるな」の不気味なラストシーンは印象的な映像となっていたようで、好評でした。
やはり舞台芸術では、灯りが重要ですね。
レベルの高い照明家とご一緒することは滅多にないので、貴重な機会を頂戴しました。

広い舞台面!高い天井!


11月22日のアートマイム公演「マイミクロスコープ」は、両国の"シアターX(カイ)"で開催されました。
本当に大きな劇場で、客席数も多く、本来なら僕が立てるようなところではありません。

特に、舞台面の広さと天井の高さは圧倒的です。
小さな劇場では、観客のイメージが、舞台のサイズによって制限されてしまうことがあります。
しかし"シアターX"なら、観客の視野より舞台の方が大きいので、イメージを無限大に広げることができます。
逆に、演者の力量がなければ舞台の大きさばかりが目立ち、役者が実物以上に小さく見えてしまう可能性があります。
まさに、出演者の力が試される劇場です。

"シアターX"の舞台に立った僕がどう見えたのかは、自分で見ていないので何とも言えません。
ただ、本番上演中「舞台が大きい」とはまったく思いませんでした。
むしろ無限の広がりを持つ暗黒の空間を感じられて、より一層、作品の世界を深く体感することができました。
"シアターX"での上演を想定して作った作品なので、プラン通り、上手くいったのではないかと思っています。

諸情勢により、今後また、大きな舞台に立つ機会を頂けるかどうかは分かりません。
たとえ小さな劇場であっても、その舞台の特性を生かせるような作品作りを心がけていきたいと考えています。

月別アーカイブ

カテゴリー