ぷにぷにパイレーツ

ブログ

辛いのは当然


きのう、来年1月8日に開催する第36回公演に向けた稽古を行いました。
全員が稽古開始10分以上前に集合し、とても気分が良いです。
当たり前の話ではあるのですが...。

きのうから、稽古のギアを一段上げてみました。
出演者たちは、その難しさにヒーヒー言っていましたね。
心がボキボキ折れたはずです。
厳しすぎて、申し訳ない!

でも、我々は仲良しグループではありません。
楽しむのは観客であって、役者ではない!
辛いのは当然と思って、頑張って乗り越えてもらいたいと思います。

タイタンシネマライブ


金曜の夜、『爆笑問題withタイタンシネマライブ#49』を拝見してきました。
2ヶ月に1度、東京・銀座で行われているお笑いライブで、全国のTOHOシネマズの映画館でも同時生中継されるものです。
タイタン所属の爆笑問題、長井秀和、ゆりありく、日本エレキテル連合、ウエストランド、脳みそ夫、XXCLUB。
そして、ゲストとして、BOOMER、パックンマックン 、友近、トップリードが出演しました。
また、シークレット特別ゲストとして、北野武さんも漫談&落語を披露されました。

TVでお馴染みの方々ですけど、ライブだと全然違いますね。
タイタンのライブということで、内容がかなり過激でした。
特に、選挙の時期と重なっていたせいもあって、きわどいネタが多かったですね。
社会風刺コントを得意とする僕としては、大変勉強になりました。

また、ライブでお笑いを見ると、芸人さんの真の実力をうかがうことが出来ます。
特に、観客との呼吸の合わせ方などは、どなたも実に見事だと思いました。
この辺は、舞台の役者は、もっと学んだ方が良いと思います。
下手な芝居を見るぐらいなら、お笑いライブの方が安くて質が高いことが多いのでお勧めです。
最近、優秀な人材は、演劇ではなくお笑いを選ぶ傾向があるようですからね。
"変わり者"と思われる演劇より、お金が儲かって人気者になれるお笑いを選択するのは当然のことですが...。

意外だったのは、北野武さんが、ピンでちゃんとネタを披露されたことです。
あんなに多忙なのに、しっかり準備されていて、相当長い時間喋っていらっしゃいました。
やはり、客前に立つというのは、芸人さんにとって特別なものなのでしょう。
「また出ようかな?ライブに出たいと思っているうちは、まだ大丈夫なんだよ」ともおっしゃっていました。

5本廃棄


8月の第35回公演「夢のあとに」に向けて、過酷な稽古をしたせいでしょうか?
下半身が、かなり太くなってしまったようです。
衣替えで秋冬用のズボンを出して履いてみたら、腿やお尻の辺りかなりきつく感じられます。
逆に、ウエストはユルユルになっていました。

そんなわけで、このほど、思い切って5本のズボンを廃棄しました。
代わりに、3本のズボンを購入しました。
ウエストが細くなったので、サイズが高校生の頃に戻りました。
その代わり、ストレッチのよくきいた素材にして、足の太さをカバーしています。

半額セールだったとはいえ、結構な出費です。
公演のたびに体型が変わっていては、たまりません。
ただでさえ公演は赤字なのに、余計なお金まで掛かってしまうとは...。