ぷにぷにパイレーツ

ブログ

弱い自分


大相撲秋場所も、いよいよ大詰めを迎えました。
今場所、僕は、昭和生まれの力士として最年長大関を目指す、西関脇の嘉風に注目していました。
首痛の影響からか、初日から4連敗したときには、大変心配しておりました。
しかし、そこから見事立て直し、相撲内容も充実してきました。
さすがはベテランです。

そんな嘉風のコメントが秀逸でしたので、ご紹介させて頂きます。
難しいことにチャレンジしようとする人には、きっと参考になると思います。

出番までが長いと「変化しようか」とか、弱い自分が出てくる。
これは、打ち消すとダメ。
強力になって、やってくる。
だから、抱きかかえてやるんです。
弱い自分も仲間なんです。

叱る


何度同じ過ちを繰り返せば気が済むんだ!
まったく成長していないじゃないか!
呆れて、ものも言えない!

などと、自分自身を叱っているところです。
現在、マイム作品を作っているのですが、自分の愚かさに嫌気がさしてしまいます。
今回もいつもと同じ失敗をしていて、結局、構想は破たん!
そんな演劇的発想でマイム作品を作っていたら、上手くいくわけがないのです。
もちろん、没!
これまでかけてきた時間が、すべて無駄になってしまいました。

でも、間違いに気付いて良かった!
大いに反省して、まったく違った作り方で、新たな作品を考えていきたいと思っています。
残された時間は僅か!
気合いを入れていきましょう!

「夢のあとに」から1か月


第35回公演「夢のあとに」から、きょうでちょうど1か月となりました。
時のたつのは、本当に速いですね!

この1か月、大したことはできませんでしたね。
序盤は、「夢のあとに」の残務処理に追われました。
続いて、次回・第36回公演の出演者を確定。
その脚本の改訂や整備。
公演に向けた稽古を2回。
劇団員の結婚披露パーティに出席。
そんなところでしょうか。
こうして列挙してみると、いろいろやっていますね。

今後、第36回公演の稽古が本格化していきます。
それと同時に、第37回以降の公演に向けた脚本の執筆も進めていくつもりです。
遊んでいる暇はありません。