ぷにぷにパイレーツ

ブログ

呪いの作品


新作のアイディアが浮かびました。
多分、誰もやったことがない、画期的な作品になると思います。

まだ構想の段階ですが、試しに動いてみました。
すると、たちまち気分が悪くなってしまいました。
無理してもう一度やってみると、明らかに体調が悪化しました。
それほど激しい動きではないのですが、この作品を演じると、確実に具合が悪くなってしまうようです。
きっと、この演出のどこかに、呪いの動きが入っているのだと思います。

1度なら何とか耐えられるのですが、続けて2回やると吐き気がします。
少し時間を空けて3度目に挑戦したら、頭から血の気が引いて寒気がしました。
何と恐ろしい作品なんでしょう!
見た目はすごく地味なのに、上演するのがこんなに大変では効率が悪すぎます!
もし、1日に4回やったりしたら、どうなってしまうのでしょう?
恐ろしくて、試す気にもなりません。

この作品を没にすべきなのか?
はたまた、命がけで上演すべきなのか?
決断の時が迫っています。

「守破離」の「守」


きのう、次回・第40回公演に向けた2回目の稽古を行いました。
参加者は、僕を除けば1名のみ。
4時間に渡って、1つの作品を徹底的に練習していきました。

稽古って、本当に大事ですね。
わずか4時間の間に、見違えるように演技が良くなっていきました。
この女優さんはメンタルが強いので、疲れても挫けずに頑張ってくれます。
(稽古終了後「腰が痛くなった」と言って、倒れていましたが...)
また、継続的に稽古と公演に参加しているだけに、飲み込みが早いんです。
「一を聞いて十を知る」感じになってきました。
まさに「守破離」の「守」の段階ですが、ここをしっかりやっておくことが重要なんですね。

今後、稽古のペースが上がっていきます。
本番までにどこまで成長してくれるのか、楽しみです。

近況


新年度に入ってから、なにかと忙しくて、新作の制作が一向に進んでいません。
イメージする時間が少ないと、作品が発展していかないんですね。
作品の世界観の中でどれだけ過ごすことができるかが、ポイントなんです。

月別アーカイブ

カテゴリー