ぷにぷにパイレーツ

ブログ

「動き」の天才になる!


今月、僕のアートマイムの先生・JIDAIさんが、2冊目の本を出版されました。
タイトルは、『「動き」の天才になる!』です。
今、何かのトレーニングをしている方に、お薦めです。
なかでも、舞台で表現活動を行っている人にとっては、必読の内容となっています。
従来の"HOW TO本"とはまったく違いますよ。
練習はしているのに、伸び悩んでいるなら、ぜひ!
出版社は"BABジャパン"。
価格は、1400円+税です。

大相撲七月場所


スポーツの日のきのう、国技館に大相撲七月場所の取材&観戦に行ってきました。
熱戦に次ぐ熱戦で、相撲内容はいずれも素晴らしいものでした。
しかし、劇団主宰者としては、相撲協会の感染防止策の方が気になります。

協会が具体的に、どんな対策を取っていたかというと...
・観客の上限は2500人
・全ての4人マス席を1人ずつで利用
・イス席は横に3席空け、前後は互い違いにする
・接触を伴うファンサービスを一切中止。力士の入り待ち、出待ちも禁止
・アルコール類の販売中止。食事の販売も最小限
・観戦後は時間差退場
・開場時間を13時に変更
・売店やトレイ、廊下にマスキングシールを貼る
・館内の食事所などの営業中止

また、観客にどんなことを求めていたかというと...
・マスク着用
・入場時の手指消毒を義務づけ
・声援自粛、拍手奨励
・入場時に検温し、37・5度以上の場合は入場不可
・来場者全員にミニ消毒液を配布
・飲酒禁止
・再入場不可
・感染者が発生した場合に備え、入場券半券の14日間保管
・接触確認アプリへの登録を促進 などなど

僕が体験した中では、最も厳しい対策だったように思います。
換気を良くするために空調が強めてあり、館内が凄く寒い!
観客が少ない上に、声援禁止なので、なんとなく盛り上がりに欠ける!
売店で売っている食べ物は焼き鳥とアイスクリームだけ!
などなど、不便なことはたくさんあります。
それでも、開催されないよりは遙かにましです。
公式サイトのみとなるチケットの購入が難しいせいもあってか、まだまだ空席はたくさんあります。
皆さんも、異例ずくめの大相撲を体験してみてはいかがでしょうか?

透明人間


僕の作風がお好きな方、あるいは、僕と価値観を共有できる方限定の内容になります。

先日、素晴らしい映画を見てきました。
タイトルは「透明人間」!
ほらほら、「くだらなさそう...」と思っている方がいらっしゃいますね。
おっしゃるとおり、くだらない内容かもしれません。
主人公の女性が、透明人間になったストーカーのような夫から逃げ回るだけのサスペンス・ホラーです。
しかし、映画としては、本当に素晴らしいものでした。
ことしのナンバーワンは間違いありません。
いや!それどころか、ここ数年でもトップクラスの出来だと思いました。

詳しいことは書きません。
ていうか、良いところが多すぎて書き切れません。
まあ、騙されたと思って見てみて下さい。
特に、脚本を書いている人は必見です。
伏線の見事さに舌を巻くはずです。

多分、ほとんど話題にならない作品だと思いますから、劇場はきっとすいています。
この週末に、ぜひ!

月別アーカイブ

カテゴリー