ぷにぷにパイレーツ

ブログ

残席僅かです!


来年1月8日(成人の日)の第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」のご予約が、ますます好調です。
各回、残席が僅かになっています。
12:00開演の回は、残り5席。
14:00開演の回は、残り3席。
16:00開演の回は、残り4席となりました。

会場(元住吉"ida cafe")の特性上、追加席はご用意できません。
観劇をご希望の方は、ご予約をお急ぎください。
よろしくお願いします。

「運だめし」のご紹介


第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」の3本目で、塩沼千雅が上演する「運だめし」についてご紹介します。

「運だめし」の初演は、2013年8月に行われた第10回公演「ぷにぷに!夜想曲集」です。
「夜間飛行」、「恋に恋して」という2つの超大作に挟まれて、地味な印象だったかもしれません。
しかし、芝居に詳しい人からは、好評でしたね。
特に、演出面のユニークさは、高評価を受けました。
上演時間わずか10分の作品にしては、展開もあり、衝撃のオチも効いています。
我ながら、良くできた小品だと思っています。

この作品は、キャラクターも立っていて、ストーリーも面白いので、上演は簡単だと思っていました。
しかし、今回、塩沼に稽古をつけていて、「すごく難しい作品だなぁ...」と感じているところです。
役者に圧倒的なパワーが求められるんですね。
細かい技術もいろいろ必要ですが、エネルギー量の方がポイントになります。
塩沼には、相当な覚悟で臨んでもらいたいですね。

啐啄の機


「啐啄(そったく)の機」という言葉をご存知でしょうか?
雛がかえろうとするとき、卵の内側からつつく「啐」と、母鳥が外からつつく「啄」が同時に行われて、はじめて雛は卵から出られるそうです。
両者のタイミングが一致していることが重要で、親鳥のサポートが早すぎても遅すぎても、雛は死んでしまいます。
つまり、「人を育てる際には、機(タイミング)が大事」ということです。

現在、僕は、第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」に向けて、劇団員たちに指導を行っています。
早く上手くなってもらいたいので、まだ機が熟していないのに、ついつい難しいことを求めすぎてしまいます。
これでは、雛は死んでしまうかもしれません。
焦ったら逆効果です。
「教える」と「育つ」が同時進行するためには、指導者には「待つ」ことが求められます。
的確にタイミングをはかっていくことを、さらに意識していきたいと思います。

月別アーカイブ

カテゴリー