ぷにぷにパイレーツ

ブログ

音楽業界衰退の理由

 

音楽ビジネスが、衰退を続けています。

CDの売り上げは激減し、配信も思いの外伸びていません。

CDショップは次々に閉店し、生き残っている店舗に置かれているCDの点数も、日々減少しています。

音楽ファンとしては、寂しい限りです。

 

その最大の要因は、魅力的な音楽が創造されなくなったということだと思います。

そして、音楽ビジネスに携わっているプロの方たちは、もう一つ問題点を指摘しています。

「ハード面での進化を止めた、と言うより、退化させてしまったことが、一般消費者を音楽から遠ざけてしまった」とのことなのです。

 

1982年に、コンパクトディスク、いわゆるCDの販売が開始されました。

CDは、当時主流だったLPに比べ、取り扱いが簡便で小さいという理由で、たちまち音楽メディアの主役に躍り出ました。

音質はLPより遥かに悪いにもかかわらず、CDはヴァイナルを駆逐してしまったのです。

それからおよそ30年。

あらゆる科学技術が向上していく中、CD、はそのスペックを一切向上させることなく、生産され続けました。

例えば、車はハイブリッドから電気自動車へ、TVはハイビジョンや3D、ビデオもVHSからブルーレイへと進化していきました。

それなのに、音楽メディアだけは、30年間に渡って、LPより音質の悪いCDにこだわり続けました。

レコーディング・スタジオでは、遥かに進化した音質の良い機材で収録しておきながら、製品化する際にわざわざ音質を落としてCD化している訳です。

アーティストやエンジニアの方々は、販売されている商品の音を聞いて、本当にがっかりするそうです。

しかも、最近は、CDよりも格段音質の劣る”MP3”方式で音楽を聞くスタイルが主流になりつつあります。

TVで言えば、ハイビジョン→ブラウン管のカラー→白黒と、シフトしているようなものです。

なぜ、音楽業界は、わざわざ音質を劣化させる道を選ぶのでしょうか?

技術的には、もっと良い音のメディアで発売することが、いとも簡単に出来るのに…。

我々消費者は、30年間、LPよりも劣悪な商品を買わされ続けた訳ですから、音楽業界に不信感を抱いても仕方ないですね。

きつい言い方をすれば、音楽業界の怠慢が衰退を招いただけの話です。

何の商売もそうですけど、最高のモノを売らなければ、愛想をつかされてしまうのです。

 

演劇だって、ユーチューブでしか見られなくなったら、誰が見るでしょう?

音楽も演劇も、やはり、本物を生で味わうしかありませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/736

コメントする