ぷにぷにパイレーツ

ブログ

マイムの醍醐味

 

来週末の作品発表に向けて、パントマイム作品を考えています。
しかし、なかなか、「これだ!」というものが出来ません。

色々、面白いアイディアは浮かんでくるんです。
シーンとしては、マイムで成立するものになっていると思います。
しかし、そこからストーリーを展開しようとすると、たちどころに苦しくなるのです。
僕の演技力では、見ている人にストーリーが伝わらないと判断せざるをえません。
少しで良いので、セリフを使って良いなら、ぐっと可能性が広がる筈なんです。
でも、それでは、普通の演劇になってしまいますからね。
ぐっと我慢です。

やはり、パントマイムは、ストーリー展開の面白さを見せるものではないんですね。
特定のシチュエーションを伝えるには、マイムより、セリフ劇の方が適しています。
マイムは、人間の普遍的な感情とかエモーションを感じさせるのが、醍醐味なのかもしれません。
と、理屈は分かるんですが、それを体で表現するのが難しい!
とりあえず、今日も体を動かして、面白い動きを探してみます。 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/1152

コメントする