ぷにぷにパイレーツ

ブログ

「もっとふれたい」のご紹介


1月3日(日)の「天使の組曲」の2本目に、「もっとふれたい」という作品を上演します。
約15分間、ピアノ生演奏にのせてセリフなしでお送りします。
"アートマイム"と言いたいところですが、実際には"コントマイム"になっています。
多分、多くの方に、クスクス笑ってもらえると思います。
一部、引いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが...。

実は、この作品で、僕は新しいトライをしています。
濃厚な"エロス"をテーマにしています。
僕がこれまで避けてきたものです。
はっきり言って、全編エロい!
それ以外のことは、一切やりません。

しかし、この作品の試演を見たマイム仲間は、こんなことを言っていました。
「上品すぎる!」
ええっ!マジで?
頑張って、下品にしてみたのに!
それどころか、「究極の愛の形だ」とか、「崇高な作品だ」とか言われてしまいました。
うーむ!喜んでいいのか?悲しんだ方が良いのか?
難しいところです。
結局、作品には作者の精神性が反映されてしまいます。
僕には、こんなところが、マックスなのかもしれません。

上品かどうかはともかく、面白いことだけは保証いたします。
比較的長いマイム作品ですが、1秒たりとも退屈させない自信があります。
また、ピエロの芸のようなマイムとは一線を画した、芸術の香りが漂うものになっているはずです。
ぜひぜひ、ご覧ください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/2641

コメントする