ぷにぷにパイレーツ

ブログ

ただ飛び立つように


世界的なピアニスト、アファナシェフさんの言葉の抜粋です。

ピアノを弾くときには、ただ飛び立つようにするだけでよいのです。
音楽はすぐそこにあるのですから、軽く叩くようにして、そっと起こしてやればいい。
いままで聞こえなかったその音楽を、突如として聴きとれるようにするのです。
空間のすべてには音楽が充ちています。
そのなかのさまざまな部分を、ほかの要素を壊すことなく扱わなくてはならない。
すべてはなんらかの意味において通じ合い、そして常にそこにあるのです。
そのなかから、ときにはここ、ときにはあそこというふうに、強調していくのが演奏家の役割です。
(著書『ピアニストは語る』より)

僕も、朗読を指導する時、同じようなことを言い続けてきました。
みんな、理解してくれているのでしょうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3060

コメントする