ぷにぷにパイレーツ

ブログ

沈潜する舞台


20日の「夢のあとに」を手伝ってくれるスタッフを1名新たに確保しましたが、本当はもう1人欲しいところです。
しかし、志願する人がいない以上、どうしようもありません。
やむなく、音響や照明などの演出をシンプルなものに変更することにしました。
なるべくスタッフに負担を掛けない舞台にしないと、失敗する確率が上がってしまいます。

怪我の功名ではありますが、演出をシンプルにして良かったように思います。
目先の面白さは減ってしまったかもしれません。
でも、作品の本質が、より浮き彫りになったように感じています。
派手な演出では、ほかの劇団に勝ち目はありません。
なるべく演出をシンプルにして、役者の肉体や声を磨き上げていった方が、心に残るものになるはずです。
見ている時間より、見終わった後の時間の方が遥かに長いのです。
心に沈潜するような舞台を目指したいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3264

コメントする