ぷにぷにパイレーツ

ブログ

「執行人」のご紹介


第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」の2本目の作品として、松本美由紀が上演する「執行人」についてご紹介します。

「執行人」の初演は、2009年1月に行われた第4回公演「初笑い!ぷにぷにコント祭り」です。
この公演では、全部で6本のコントを上演し、大爆笑が連続しました。
しかし、「執行人」だけは笑いが一切起こらず、劇場が異様な緊張感に包まれたのを覚えています。
ところが、終演後の話題は「執行人」に集中し、時間が経つにつれて、どんどん評価が上がっていきました。
コントでお客さんが笑っているようではまだまだで、本当に面白い時には誰も笑わなくなるのだということを知った作品でもあります。

この作品の後半は動きも多く、起伏も大きいので、普通にやれば面白くなると思います。
問題は前半で、猛烈な毒を放つ長台詞をどう乗り切るかがポイントになります。
この前半に、人間の狂気や愚かさを観客に体感させることができなければ、台無しです。
松本は、稽古を重ねる度に、目に見えて集中力を上げてきています。
来年1月8日の本番では、きっと、素晴らしい演技を見せてくれることと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3383

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー