ぷにぷにパイレーツ

ブログ

詩人


詩人は「言葉を紡ぐ人」と思われています。
しかし、詩人のヨシフ・ブリツキーは、「言葉を削る人」と定義しています。
削って削って、残された言葉はリズムも香りも内容も素晴らしい!
それが詩人の仕事だとしています。

僕は、劇作家や演出家も同様だと思っています。
セリフも動きも、セットも大道具も小道具も衣装も、音響も照明も削りに削っていく。
それでも残ってしまうものだけを採用すべきです。
装飾が目につくのではなく、本質のみが心に染み入る。
そんな舞台を目指したいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3403

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー