ぷにぷにパイレーツ

ブログ

心を鬼に


新作脚本の第一稿を書き終えました。
なるべく短くするつもりだったのに、結局、原稿用紙50枚ほどになってしまいました。
まだ細かい演出を決めていませんので、それを書き加えると、多分80枚前後になると思います。
このままでは、また大長編になってしまいます。
思い切って、短くしなくては!
面白いシーンしかないので、心を鬼にしてカットせざるをません。
少し冷却期間をおいて、冷静に判断するつもりです。

鋼のように


現在、新作の脚本を執筆中です。
活動が目立たない、最も地味な段階です。
外から見ると、止まっているかのように感じられるかもしれません。

実際、脚本を書く作業は、信じられないぐらい時間が掛かります。
お客様の中には「湧いて出てくるセリフを書き留めているだけ」と思っている方もいらっしゃいます。
しかし、現実は、そんな甘いものではありません。
(世の中には、スラスラ脚本を書き進められる天才もいらっしゃいますが、少なくとも僕は違います)
下っ腹に力を入れて、脂汗を垂らしながら、絞り出している感じです。
何度も何度も書き直しているのに、ちっとも良くなりません。
自分の無能さに、絶望的な気持ちになります。
書き進めているうちに、前進しているのか、後退しているのか、自分でも分からなくなります。
それでも挫けずに、原稿用紙やPCに向かう!
一文字も書けない日があったとしても、投げ出さずに作品に向かい続ける!
とにかく、気持ちが折れたら負けです!
「絶対に完成させる」という気概を持って戦い続けるしかないんです。
そこから立ち上がってきた作品は、鋼のように強いものになるのです。

月別アーカイブ

カテゴリー