ぷにぷにパイレーツ

ブログ

難しいことにチャレンジ


きのう、約3か月ぶりに「演劇基礎講座」を開催しました。
参加者は2名のみでしたが、お二人とも意識の高い人でしたので、あえて難しいことにチャレンジしてもらいました。

前半の1時間は、人前での緊張=いわゆる"あがる"状態の最大の要因を取り去る練習を行いました。
どなたでも、大勢の前で話すとき、体が硬直し、呼吸が苦しく、視野が狭まり、頭が真っ白になった経験があると思います。
その緊張を一瞬にして解除する方法の存在は、あまり知られていません。
一般的に「自信を持てば大丈夫!」とか「成功したシーンをイメージして!」という指導が行われていますが、それでは上手くいきません。
もっと本質的なところを変えていかなくてはならないのです。
ですから、そう簡単には体得できるものではありません。
きのう参加したお二人には、今後も、繰り返し練習して頂きたいですね。

後半の1時間は、長文読解に挑戦してもらいました。
全体の構成を考えてもらうことで、文章の真意をより深く理解し、音読する時に感情が自然に高まることを実感して頂きました。
これも、とんでもなく難しいパズルを解くような作業なので、とてつもない集中力が要求されます。
また、文法をきちんと理解し、長文の中に埋もれている鍵を握る単語を見つけ出すには、地道なトレーニングが必要です。
私たちは、毎日、さまざまな形でさまざまな文章に接します。
それらを、きのう学んだポイントを意識して丁寧に読んでいくことで、長文読解はみるみる上達していくはずです。

どちらも面白おかしいものではありませんが、日常生活の中でいくらでも練習できることです。
毎日をどう生きるかで、結果は大きく違ってきます。
自分のパーソナリティは、自分でプロデュースするものなのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3447

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー