ぷにぷにパイレーツ

ブログ

夜遅い公演


最近、夜遅い時間に開演する公演が増えてきましたね。
そのおかげで、僕も時々、舞台を見ることが出来ます。

今から30年前には、18:30開演が一般的でした。
それがいつしか、19時が普通になり、今では20時以降も珍しくなくなってきました。
皆さんの終業時間が遅くなっている影響かもしれません。
また、時間の縛りのないスペースで公演を開催することが増えたのも一因だと思います。
(そういう会場の方が、いわゆる劇場より、レンタル費用が安いんです)

開演時間が遅い公演は、大概、上演時間が短いんです。
これは見る側からすれば、本当に有難いですね。
ダラダラ長いより、無駄を省いた濃密な作品の方が心に残るものですから。

ざっくりした印象で恐縮ですが、開演時間が遅めの公演は、実験的かつ挑戦的なものが多いように感じています。
娯楽を求める方には、不向きかもしれません。
でも、アート系の作品がお好きな方や、未知の世界を味わいたい方にはお勧めできます。
肌に合わなくて失敗することも多いと思いますが、それもまた思い出に残るものです。
(毒にも薬にもならない無難な舞台を見るより、意味があると思うのですが...)
しかも、遅い時間の公演は、料金が普通より少し安めだったりします。
舞台を選ぶ際、開演時間にも注目してみてはいかがでしょうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3450

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー