ぷにぷにパイレーツ

ブログ

泣きそうに


昨夜、アートマイムの発表会が開かれました。
全部で6人が、それぞれ個性的な作品を上演しました。

僕は、約15分の新作を発表しました。
非常に実験的で、かつて誰もやったことのないスタイルの作品です。
いわゆるストーリーは、一切ありません。
まったく新しい、芸術の形にトライしてみました。
おかげさまで、好評を博すことができました。
観客のなかには「泣きそうになりました」という方もいらっしゃいました。
「15分の上演時間が、数分に感じられた」という声もありました。
1週間前に面白いところをすべてカットし、ストイックな作品に仕上げたのが良かったようです。
大胆な挑戦が結果となってあらわれたので、満足しています。

僕を除く5人の作品を見せて頂きましたが、お世辞抜きに、どれも素晴らしかったですね。
みんなとにかく美しい!
ハッと目を見張るほどカッコいいシーンを、たくさん見ることが出来ました。
観客としても大満足です。
僕も負けないように、さらにカッコいい作品を作っていきたいですね。

背水の陣


アートマイムの新作から、面白いところをすべてカットしてみました。
当然のことながら、面白くなくなりました。
この作品を最後まで鑑賞して頂くには、レベルの高い演技を披露し続けなくてはなりません。
まさに、背水の陣!
この覚悟が、僕を磨き上げてくれるはずです。

無謀


アートマイムの発表を目前にしたこのタイミングで、作品に大きな改訂を施すことにしました。
面白いところを、すべてカットしたのです。
無謀でしょ?

アイディア


アートマイム作品の発表まで、あと半月となりました。
しかし、全然、作品が出来上がりません。

僕の場合、アイディアが浮かばないということはありません。
むしろ、次々にアイディアが湧いてくるので、収拾がつかなくなっています。
正直言って、困っているんです。

アイディアが上演に相応しいか判断するために、毎日1本、台本の形にしています。
異常なペースですよね?
どの台本も、以前に比べれば、相当マシなレベルになっていると思います。
でも、いずれも、決め手に欠けるんです。
また、自分の演技力の幅を超えてしまっているモノも少なくありません。
「よし!これでいこう」と、なかなか決断できないんです。
セリフ劇なら論理で押し切れますが、アートマイムは論理的に作ると面白くないんですよね。
うーん!実に難しい...。

仕方ないので、あと半月間、粘ってみることにいたしましょう。

先走り


きょう、すごい演出を思い付きました!
滅茶苦茶カッコいい、画期的なシーンです。
早速、自分で試してみました。
しかし、すぐに、そんな演技は人間には不可能であることが判明しました。
長時間、空中に浮いていなければならないのです。
イメージだけが先走り!

動かない


9月になりました。
今月末に、アートマイムの新作を発表しなくてはなりません。
そろそろ、本腰を入れて、作品作りに取り組まねば!

毎年、春と秋の恒例となった発表会では、実験的なことに取り組むようにしています。
今回のテーマは、「なるべく動かない」!
動きをできるだけ少なく、できるだけ小さくすることを心がけます。
それで、どこまでの表現ができるか、挑戦してみます。

月別アーカイブ

カテゴリー