ぷにぷにパイレーツ

ブログ

信号待ち


きのう、神奈川芸術劇場(KAAT)で舞台を見てきました。
「WAITING FOR THE SIGNAL! (信号待ち!)」という作品です。
KAATと"カンパニーデラシネラ"の小野寺修二さんによるベトナムと日本の共同製作プロジェクトの第2弾に当たり、ベトナム人ダンサーと日本のアーティスト3人が出演します。
会場はKAAT1階のアトリウムで、上演時間は約30分でした。

演出の小野寺修二さんは、この作品のコンセプトについて次のようにコメントされています。
「待つ男と待つ女。あるいは。二人の間には距離があり、二度と触れることは出来ない。しかし互いに存在を思っている。視線の先にはっきり見えている。待っているのか、あるいは。目に見えているものと存在の不確かさ、確信についての考察」

小野寺さんはパントマイム出身の演出家です。
本作品も、声を挙げるシーンはありますが、台詞は一切ありません。
ダンスとパントマイムと無言劇を合わせたような作品となっていました。
面白いアイディアやハッとするシーンが幾つもあり、同じく台詞のない作品を作っている僕にとって大変参考になるものでした。
特に複数の人間の動かし方や、机や椅子などの道具の扱いは見事でした。

きょう・17日(日)も、16:30から公演があります。
観劇は無料ですし予約も不要なので、興味のある方は是非!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3540

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー