ぷにぷにパイレーツ

ブログ

キス・アンド・クライ


ちょうど都合が合ったので、"テアトル・エコーSIDE B"の公演「キス・アンド・クライ」を拝見してきました。
「キス・アンド・クライ」は、3つの短編が微妙な形でつながっているユニークな作品です。

劇団HPから、内容を引用させて頂きますと...

*第1話「キス・アンド・クライ」
キス・アンド・クライで得点を待つフィギュアスケート選手、木下梨奈。
華やかに見える世界の中、彼女の表情の裏にはどんな葛藤が隠れているのか...?

*第2話「今宵あなたに」
FMラジオ番組が打ち切りになると聞いたDJ・水無月あおばは、今日もオープニングトークの話題を探している。
そんなあおばの前に現れた謎の男、播磨とは...

*第3話「ぷちぷち」
小説家、国松アキラと脚本家、国松つばさは、知る人ぞ知る作家夫婦。
2DKでは手狭なのか、明日はここからお引越し。
引っ越し前日の国松家で、何が起こっているのか!?

誰もが楽しめる、心温まるコメディー3連発です。
脚本も、演出も、演技も緻密かつ丁寧に仕上げられていて、素晴らしい出来映えでした。
演劇の初心者にお勧めしたい公演ですが、それ以上に、ある程度演劇に取り組んできた人にこそ見て頂きたい!
基本を大切にした、まさに"楷書の演劇"です。
こういう上質なお芝居を見ると、初心に戻ることができ、清々しい気分を味わうことが出来ます。

「キス・アンド・クライ」は、恵比寿の"テアトル・エコー5階・第一稽古場"で、7日(日)まで上演されます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3548

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー