ぷにぷにパイレーツ

ブログ

最後の稽古


きのう、第40回公演「恋に恋して」の事実上最後となる稽古を行いました。
出演する松本美由紀のほか、公演を手伝ってくれる塩沼千雅も来てくれました。
本番で照明等を担当する塩沼は、事前にイメージトレーニングをしておきたかったようです。
また、人の稽古を見て何かを学ぼうという高い意識も持っているんです。
私・石崎が一言アドバイスすると、松本の演技が劇的に変わっていく様を、面白そうに見つめていました。
実際、きのうの4時間の稽古で、松本の芝居はかなりレベルアップしたように思います。

また、私の作品「走馬灯」も、塩沼に見て貰いました。
二十数分の作品の上演を終えたとき、塩沼はもちろん、何度も見ている松本まで唖然としていました。
しばらくは言葉も出なかったようです。
後で感想を聞いたら、二人とも同じようなことを言っていました。
「胸が苦しくなる」
「息が出来ない」
「現実に戻ってこられなくなる」
「宇宙空間に浮かんでいるようだった」
「時というものを目で見ることができた」などなど...
感受性豊かな二人だからこそ、そう感じたのかもしれません。
芸術性とともに、エンタテインメントとしても楽しんでもらえたようです。

最後の稽古を終えたので、残る6日間、出演者各自でさらなる努力を重ねていくことになります。
案外、最後の最後で、作品のクオリティは大幅に上がったりするモノです。
さらに緻密に、練習を続けていきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3584

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー