ぷにぷにパイレーツ

ブログ

「恋に恋して」大好評!


きのうの第40回公演では、松本美由紀の演じる「恋に恋して」が大好評でした。
恋に憧れる年老いた魔女が、17歳の少女に扮して、初めての恋を味わうという物語です。
多重構造となっている上に、魔法を使うなど超自然なシーンを沢山演じなくてはならないため、本当に上演が難しい作品です。
そもそも、35分の大作を一人で演じ切るだけでも、大変です。
それを、松本は努力で克服しました。
毎週末、4時間に渡る長時間稽古に耐え、毎日自主稽古を欠かさず、ゆっくりとレベルアップしていきました。
本番が近づくと急速な進歩を遂げるようになり、見る度に驚くほど上達していました。
そして、きのうの本番では、かつてないほどの完成度で魔女の世界を展開してくれました。
見えない杖を使ったシーン、風を操るシーン、17歳に変身するシーンなど、鬼気迫る迫力でした。
声も非常に美しく、台詞回しも見事でした。
ラストシーンの切なさといったら...。
35分があっという間に思えるほど、素晴らしい作品に仕上げてくれました。
公演後、本人は「発展途上の状態で見せてしまった」と反省していましたが、それは自らの成長を実感している証です。
芸術に完成はありません。
さらなる高みを目指して、今後も劇団の看板女優として頑張ってもらいたいと思っています。

 

恋に14.JPG

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3591

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー