ぷにぷにパイレーツ

ブログ

難解な文章


先日、哲学者・カントの『崇高』の考え方をご紹介させて頂きました。
せっかくですから、これを機に、カントの原典に当たってみようと思いました。
そこで、代表的著作とされる『純粋理性批判』を岩波文庫で買ってみました。
しかし、その文章たるや、ものすごいモノでした。
少し引用してみますので、試しに読んで見てください。

実際〔純粋統覚の〕持続的な「私」は、この「私」がわれわれのあらゆる表象を意識しうるかぎりにおいてのみ、これらあらゆる表象の相関者である。そして、あらゆる意識がすべてを包括する純粋統覚に属するのは、表象としてのあらゆる感性的直感が内的な純粋直感すなわち時間に属するのと同様である。こうした純粋統覚は純粋構想力の機能を知性的なものとするために、この構想力に付け加えられねばならない。

なんという難しさ!
難しいというより、悪文と断言せざるをえません。
そもそも、この翻訳で合っているのでしょうか?
理解できる人がいたら、かみ砕いて教えて頂きたいですね。

でも、これぐらいの思考ができないと、『崇高』にはたどり着けないのかもしれません。
僕には無理か...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3615

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー