ぷにぷにパイレーツ

ブログ

令和2年初の新作発表


昨夜、アートマイムの新作発表会に参加させて頂きました。
出演者はまさに少数精鋭といった感じで、非常にレベルの高いパフォーマンスばかりでした。
僕には絶対出来ない動きや、絶対に思い付かない発想が随所に見られ、本当に勉強になりました。
この発表会は回を追うごとにレベルが上がっているので、取り残されないように頑張っていきたいと思います。

ちなみに、僕は、約30分の作品を上演しました。
マイムの世界では超大作といっても良いサイズだと思います。
でも、観客の皆さんは、最後まで集中して見て下さいました。
僕が苦手とする動きを軸として作った作品ですが、その動きを高く評価して頂いたのには驚きました。
今後に向けての自信につながりました。

さて、きょうから、次回公演に向けて新しい作品の稽古に入ります。
まったくタイプの違う作品なので、まずは、心を入れ替えるところからスタートです!

面白の波状攻撃


ことし初の新作発表が目前に迫ってきました。
テーマは決まっているのですが、全然まとまりません。
次々にアイディアが湧いてきて、収拾がつかなくなるのです。
このままでは、単なる"面白"の波状攻撃になってしまいます。
かといって、サービス精神旺盛の僕には、世界観だけで突き進むことはできません。
芸術性と娯楽性をバランス良く配するのは、本当に難しいですね。

2020年は良い年になりそうだ!


あけましておめでとうございます。
2020年もよろしくお願いします。

ことしは、これまで以上に過激な作風を追求していきます。
去年も相当でしたけど、ことしはさらに過激に!
かつて誰もやったことのない手法で、作品を構成していくつもりです。
以前は完成度にこだわりを持っていましたが、それでは一線を越えることができません。
破綻を恐れず、前衛的な実験を繰り広げていきたいと思っています。

その想いを実践するため、きのう、書きかけていた脚本を破棄しました。
ストーリーが面白く、伏線が上手く引かれていて、驚きのどんでん返しのある作品でした。
上演したら、多分、好評を得ていたことと思います。
しかし、そんなところに安住していては、僕自身が楽しくない!
いまや、もっと圧倒的な、まさに"崇高"な作品を作ることにしか興味が持てないのです。

従来とまったく違った作品を作るには、体質改善が必要です。
それを成し遂げるには、結構、時間が掛かります。
ですから、次回の本公演は、ことしの後半以降になる見通しです。
少々、お待ち頂けますか?

さざんか②.JPG


さて、元日の朝も、テラスの山茶花が満開となっています。
そのうちの一輪が、フェンスの隙間を越えて、歩道側で花を咲かせていました。
花そのものは他と同じでも、環境を変えるとアートな雰囲気になるんですね。
何か、ヒントを貰ったような気がしました。
2020年は良い年になりそうです!

 

さざんか①.JPG

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー