ぷにぷにパイレーツ

ブログ

天神さまのほそみち


きのう"下北沢ザ・スズナリ"で、燐光群の公演を見てきました。
演目は、別役実作の「天神さまのほそみち」です。

さすが、別役先生の代表作のひとつとされるだけあります。
初演から40年たっていますが、脚本の輝きが失せるどころか、より一層生々しさを増しているように思いました。
上演時間は75分でしたが、これ以上は耐えられないぐらいの濃密さと迫力でした。
演劇は、かくありたいですね。
この公演は、今月19日(日)まで行われていますので、興味のある方は、ぜひ!

この公演でも、手指の消毒、検温など、さまざまな感染予防策が取られていました。
さらに、こんなアナウンスもありました。
・会場内では、観劇中を含めマスクをご着用ください。熱がこもり熱中症の恐れがある場合は、外して頂いて差し支えありませんが、くしゃみや咳の際には、タオルやハンカチ等で飛沫が漏れないよう、鼻と口を押さえてください。
・短い喫煙のシーンがございますが、タバコ葉は使用していません。また、煙が客席に流れないよう対策しています。
・こまめな水分補給をおすすめします。
・ご観劇後に新型コロナウイルスが発症した場合は、すみやかに劇団までお知らせください。 などなど...

もはや、劇場に来ているのか、病院に来ているのか分からなくなるぐらい、細かな配慮がなされていました。
今、公演を開催しようと思ったら、かなりの覚悟が必要なんですね。
体制が脆弱なうちの劇団は、いつ公演をやれば良いのでしょうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3643

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー