ぷにぷにパイレーツ

ブログ

ヨコハマトリエンナーレ2020


横浜市で3年に一度開催される現代アートの国際展=「ヨコハマトリエンナーレ2020」を拝見してきました。
この催しでは、国際的に活躍するアーティストの作品展示のほか、新進芸術家も広く紹介されています。
今回のタイトルは「光の破片をつかまえる」で、インドの3人組アーティスト集団「ラクス・メディア・コレクティブ」が企画したものです。

コンテンポラリー・アートを言葉で説明するのは、愚の骨頂です。
とにかく、見に行くことをお薦めします。
刺激に満ちたユニークな作品ばかりです。
僕は4時間近くかけて、じっくり楽しみました。
なお、事前予約が必要な体験型の作品も少なくないので、予めHPで調べてからお出かけになった方が良いと思います。
また、メイン会場は「横浜美術館」ですが、別会場の「プロット48」の方が過激な作品が多いのでお見逃しなく!
(「ヨコトリ2020」のチケットで、「横浜美術館」「プロット48」「日本郵船歴史博物館」の3会場に入場できます)

チケットは一般が2000円で、会期は10月11日(日)まで。
「横浜美術館」への入場は、日時指定の予約制となっていますので、ご注意下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.punipuni.org/mt/mt-tb.cgi/3647

コメントする

月別アーカイブ

カテゴリー