ぷにぷにパイレーツ

ブログ

ミスをしない人間


アメリカの第26代大統領、セオドア・ルーズベルトの言葉です。
「ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ」

失敗を恐れず、どんどん挑戦していきましょう!

ステージアラウンド


この春、東京・豊洲に「IHIステージアラウンド東京」という新しい劇場がオープンしました。
巨大な円形客席が360°回転するという構造が話題となっています。
劇場の中心に巨大な円形の観客席が配置され、その周囲を取り囲む360度全てでステージが展開されます。
歌舞伎でも回り舞台はありましたが、ここでは巨大なお盆に乗った観客席が回転するのです。
ひとつのシーンが終わると、ターンテーブルごとゆっくり回されて、別のステージと向き合う形です。
複数のセットをあらかじめ組んでおけるため、これまでは実現できなかった場面転換が可能になります。
また、プロジェクターで映像を投影できるので、客席の回転中もさまざまな演出ができるようです。

すごい時代になりましたね。
演劇のあり方が根本から変わりつつあるようです。
芝居のアトラクション化、遊園地化は、今後、さらに進んでいくことでしょう。
しかし、それは予算のある興行の話!
我々、弱小劇団は、この流れに乗ることはできません。
人の内面に入り込み、感情を動かすような作品作りに務めなければならないと考えています。
物量ではなく、知恵で勝負だ!

ひたすら聴く


世界的なピアニスト、アファナシェフの著作「ピアニストは語る」を再読しました。
すると、以前見過ごしていた、素晴らしい文章を発見しました。
演劇に取り組んでいる皆さんにも参考になると思うので、引用させて頂きます。

ひたすら聴くことです。
そして、音に無理強いしないこと。
過剰にやり過ぎない、音楽から外れない、これが私の信条です。
ただ、生(せい)に聴き入ればいいのです。
それが適切にできれば、永遠と時間がともに聞こえてくるでしょう。