ぷにぷにパイレーツ

ブログ

「春の朗読会」大成功!


3月6日(土)の「春の朗読会」のアンケートのまとめを拝見させて頂きました。
なんと、満足度100%!
どなたにもお楽しみ頂けたようで、絶賛の声ばかり寄せられていました。
朗読そのものはもちろん、朗読後の作品解説も大好評でした。
なにより、石崎浩二さんのヴァイオリン演奏が圧倒的な人気でした。
変化に富んだ、バランスの良い構成が、成功の要因のようです。
こうした機会をまた頂けたら、精一杯頑張りたいと思っています。

「春の朗読会」を終えて


きのう、第41回公演「春の朗読会」を終えました。
感染防止策の一環として、会場はいつものプラネタリウムではなく、品川図書館の視聴覚ホールでした。
客席数を大幅に減らし、ソーシャル・ディスタンスを保っての開催となりました。

僕は宮沢賢治の「オツベルと象」を読みました。
いとこの石崎浩二さんのヴァイオリン演奏を挟みながら、約30分の上演でした。
満員のお客様に熱心に聞いて頂き、大いに盛り上がったように感じました。
朗読後の作品解説も好評で、賢治により一層関心を持って頂けたようです。
まずは大成功といって良いのではないでしょうか?
約2年ぶりの公演でしたが、今後の活動に希望が見いだせる貴重な機会となりました。

依然、厳しい状況にある中、しっかり対策を取ってイベントを開催して下さった品川図書館の皆様!
ご来場下さった大勢のお客様!
共演者のお二人!
本当にありがとうございました。

 

品川図書館③.JPG

 

「春の朗読会」受付終了のお知らせ


3月6日(土)の「春の朗読会」は、受付開始直後に満席となってしまいました。
お申し込み頂いた皆様、誠にありがとうございました。

月別アーカイブ

カテゴリー