ぷにぷにパイレーツ

ブログ

スタート地点


次回本公演で上演する作品のセリフを、すべて暗記しました。
時々、間違えますけど、かなり高速で言えるようになりました。
ここが稽古のスタート地点です。
徐々に動きを加えて、演出の詳細を決めていきます。

食べていくのは...


先日、あるお笑いライブに行ってきました。
テレビでお馴染みの漫才やコントの6つのグループが一堂に会するものです。
料金も前売り1700円と、豪華なラインナップにしては格安です。
劇場は新宿駅の近くで、アクセスも最高でした。
もちろん、内容も素晴らしく、見応え十分でした。

しかし、平日の夜だったせいか、観客数は意外なほど少なかったんです。
ざっと見たところ、50人ぐらいだったでしょうか。
会場の約半分は空席でした。
有名なタレントさんが12人揃っても、観客が50人とはどうしたことでしょう?
全然利益が上がっていないではありませんか!
出演者がノーギャラでも、会場費やスタッフ費で赤字になっているはずです。

お笑い芸人さんたちの生活はかなり苦しいと聞いています。
「M1」や「キング・オブ・コント」などの賞レースのファイナリストクラスでも、アルバイトを続けている人が多いそうです。
舞台で食べていくのは、本当に難しいんですね。

"ぷにぷにパイレーツ"は、観客が少ないことではどこにも負けません。
しかし、そんなことは、もうどうでもよろしい!
お金は他で稼ぐことにして、劇団では自分のやりたいことを追求したいと思っています。

京都西陣アップス珈琲 東京・雪が谷大塚


8月5日にオープンしたばかりのお店「京都西陣アップス珈琲 東京・雪が谷大塚」に行ってきました。
僕が長年に渡ってお世話になっている女性アナウンサーのご主人が、脱サラして始めたコーヒー豆の販売店です。
コーヒー愛好家の多い街・京都で愛されている「京都西陣アップス珈琲」の味が、東京で楽しめるようになりました。

アップス珈琲.JPG


お店は、東急・池上線の雪が谷大塚駅を出てすぐ、スーパーのオオゼキの前にあります。
開店したばかりとあって店内は清潔感にあふれていて、スペースをゆったりとった贅沢な空間になっていました。
店の右側の壁には、所狭しとコーヒー豆の入った樽が並んでいます。
世界各地の豆があって、値段も高いものと安いものでは10倍以上の差がありました。

珈琲豆.JPG


せっかくなので、僕も2種類の豆を購入してみました。
ブラジル・ミナス地区産の「イエローブルボン」と、ホロ苦コクブレの「オールドタイム」です。
早速「イエローブルボン」を試してみましたが、絶品でした。
不純な感じがまったくなく、苦みがやわらかで、フルーティな香りです。
砂糖を入れなくても、ほんのり甘い味がします。
これまで飲んできたコーヒーとは、まったく別物でした。
店長さんのお話によれば「コーヒーの多くは完熟すると真っ赤なコーヒーチェリーになるが、イエローブルボンは黄色になる」とのことでした。
僕は、コーヒーの世界のごく一部しか知らなかったんですね。
今後、もっといろいろな豆を試してみたいと思いました。

カウンター.JPG


「京都西陣アップス珈琲 東京・雪が谷大塚」は、大田区南雪谷2-2-13の"Wiz"の1階にあります。
定休日は水曜日だそうです。
店長さんが親切に相談にのってくれますので、コーヒー好きな方は是非、ご利用ください。

 

焙煎機.JPG

 

 

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー